埼玉の外壁リフォームや塗装のことなら株式会社鯉渕塗装工業にお任せください。丁寧な仕事と数多くのこだわりで施工いたします。

株式会社鯉渕塗装工業

0120-988-634 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

埼玉で外壁塗装をお考えの方必見|水性と油性の特徴について!

NO IMAGE

埼玉で外壁塗装をお考えの方必見|水性と油性の特徴について!


「外壁塗装をしようと考えている」
「水性にするか油性にするか迷っている」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外壁塗装をする際、水性と油性で悩む方も多いと思います。
そこで今回は水性と油性の塗料の特徴についてご紹介していきます。

 

特徴

水性、油性の塗料の具体的な特徴や性質をしっかり確認していきましょう。

*水性

まず、水性の塗料についてご紹介します。
水性の塗料は、薄める際に、シンナーを使わず水で薄めたものを指します。
シンナーを使っていないので、健康にも優しく臭いが気になりません。
しかし全くの無害ということではないので注意しましょう。

健康にも優しいので外装だけでなく内装にも使えます。
保管時も特に慎重になる必要はないので安全に施工できます。
主な成分が水のため火事に気をつける必要もありません。
また、非常に扱いやすい塗料なので施工自体も簡単に行え、事故も起きにくいです。
一方で、油性のものよりも耐摩耗性が劣り、劣化しやすい特徴もあります。
住宅には重要な耐候性も油性のものと比べて劣ります。
また、気温が低い環境下や、素材によっては施工を行えない場合もあるので注意しましょう。

*油性

次に油性の塗料についてご紹介します。
油性の塗料は、薄める時にシンナーを使って薄めたものを指します。
もちろん人体の健康には害の少ないように開発されていますが、基本的にシンナーはとても体に悪い成分です。
しかし、油性には強溶剤と弱溶剤がありシンナーの強いものと弱いものがあります。
弱溶剤であれば人や環境に悪影響が少ないように開発されていて害が少ないです。
さらに油性は耐久度に優れていて長持ちする特徴があります。

特に密着性に長けているので壁と塗料をしっかりくっつけてくれ、剥がれにくくします。
仕上がりが綺麗なうえに、汚れにも強いので綺麗な状態のまま維持できます。
気温が低くても施工できるので、水性が使用できない環境下でも施工できます。
デメリットとしては、やはり臭いが強いことです。
そのため内装に使用することは難しいです。
臭いよりも機能性を重視したいという方にはオススメです。

 

まとめ

今回は、水性と油性の塗料の特徴についてご紹介しました。

具体的に水性と油性の塗料2つの特徴や違いについて分かっていただけたら幸いです。
今回の記事を参考に、外壁塗装・屋根塗装について検討してみてください。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・見積もり・診断は全て無料で行います!

0120-988-634

スタッフが親切にご対応します。
お気軽にご相談ください!

無料点検&お見積り 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)
無料点検&お見積り 0120-988-634

営業時間:9:00〜19:00