埼玉の外壁リフォームや塗装のことなら株式会社鯉渕塗装工業にお任せください。丁寧な仕事と数多くのこだわりで施工いたします。

株式会社鯉渕塗装工業

0120-988-634 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

埼玉県の外壁塗装業者が解説!塗料の水性と油性の違いとは?

NO IMAGE

埼玉県の外壁塗装業者が解説!塗料の水性と油性の違いとは?


これから外壁塗装の依頼を検討されている方、塗料は大きく分けると2種類であることをご存知でしょうか?
その2種類とは、水性と油性です。
実は、これらの違いによって塗装は大きく異なります。
では、みなさんはこの2種類の違いについてご存知でしょうか。
そこで今回は、外壁塗装で使用される塗料の水性と油性の違いについてご紹介します。

塗料の水性と油性の違い

水性と油性について簡単に説明いたします。
塗料には、アクリルやシリコン、ウレタンなどそれぞれの樹脂の種類が異なります。
これらの樹脂を水で溶かすのか、シンナーなどの有機溶剤で溶かすのかというのが、水性か油性かの違いになるのです。

形式的な違いとしては、水で溶かすか有機溶剤で溶かすかという違いになるのですが、これによって、塗料の性質も大きく異なります。
次に、それぞれの違いについてお話しします。

*水性のメリット・デメリット

水性の塗料のメリットとしては、臭いが少ないことが挙げられます。
そして、水性の塗料ですと引火しにくいという特徴があります。

一方でデメリットとしては、耐久性が低い傾向にあり、艶が落ちやすいなどの点が挙げられます。

*油性のメリット・デメリット

油性のメリットとしては、水性のものとは対照的に耐久性が高く、艶も維持しやすいという特徴があります。
デメリットしては、臭いが強いということや、引火の危険が挙げられます。
シンナーなどの有機溶剤を使用しているため、体内に入れてしまうと非常に危険な物質です。
そのため、使用される際には十分に注意が必要です。

ここまで、水性の塗料と油性の塗料の主な違いについてご説明しました。
これから外壁塗装を検討されている方は、塗料を水性のものと油性のもののどちらにするかというのも重要な要素です。
どちらの塗料が良いのかは、場所や外壁の状況などによって異なります。
しかし、自分でどちらの塗料が適しているかを判断するのは難しいのではないでしょうか。
そういった方は、一度業者の方に尋ねてみて適した塗料を選ぶと良いでしょう。

ご相談・見積もり・診断は全て無料で行います!

0120-988-634

スタッフが親切にご対応します。
お気軽にご相談ください!

無料点検&お見積り 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)
無料点検&お見積り 0120-988-634

営業時間:9:00〜19:00