埼玉の外壁リフォームや塗装のことなら株式会社鯉渕塗装工業にお任せください。丁寧な仕事と数多くのこだわりで施工いたします。

株式会社鯉渕塗装工業

0120-988-634 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

埼玉県の外壁塗装業者が解説!外壁塗装の劣化の原因とは?

NO IMAGE

埼玉県の外壁塗装業者が解説!外壁塗装の劣化の原因とは?


家の外壁にひび割れなどはありませんか?
外壁にひび割れや色褪せがあったり、手で触ると白い粉がつくといった状態になっていたりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こうした状態は、外壁の塗装された塗膜が劣化していることを表します。
では、こうした外壁の劣化はどういった原因で起こるのでしょうか?
そこで今回は、外壁の劣化の原因と塗り直しの必要性についてご紹介します。

外壁の劣化の原因とは?

外壁が劣化していく原因はいくつかあります。
ここでは、その主な原因についてご紹介します。

*紫外線

外壁を劣化させていく最も主な原因は、太陽による紫外線です。
日中は太陽が出ているため、外壁が紫外線にさらされていますよね。
紫外線によって人間の肌が傷むように、外壁もまた紫外線によって劣化するのです。
ひび割れや色褪せが起こる原因としては、外壁に塗られた塗膜が紫外線によってすり減らされることが挙げられます。

*コケ・カビ

外壁にコケやカビが生えているのを見たことがある方も多いでしょう。
コケの胞子が風によって飛ばされて外壁に付着し、そこで成長することでコケが生えてしまうのです。
コケやカビが生えてしまう原因としては、湿気の問題があります。
外壁に胞子が付着しても日当たりの良い場所や湿気の低い場所では、コケやカビは成長しません。

逆に言うと、日当たりが悪くて湿気の高い場所は、コケやカビの育ちやすい環境でありコケやカビが生えやすくなってしまいます。
コケやカビもまた、塗膜を劣化させる性質を持っているのです。

塗り直しが必要な理由

では、なぜ外壁が劣化してしまうと塗り直しが必要なのでしょうか?
外壁では基材部分の上から塗料を塗るのですが、塗膜はこの基材を守る働きをしているのです。
仮に塗膜がないと、基材部分は紫外線やコケなどによる刺激を直接受け、どんどん痛んでしまいます。
この基材が傷んでしまうと、雨漏りなどの原因となりますし、修理のためには大規模な工事が必要です。
そのため、塗膜が劣化した場合には上から塗り直して塗装の機能を回復する必要があります。

しかし、上から塗り直す場合については作業も簡単な上に、工事にかかる費用も大きく抑えられます。
そのため、外壁の塗装部分が劣化した場合には塗り直しが必要なのです。

外壁の劣化の原因と塗り直しの必要性について把握できたでしょうか?
外壁にひび割れがあったけど放置していた、という方もいらっしゃるでしょう。
そうした方は一度外壁塗装業者に相談してみることをおすすめします。

ご相談・見積もり・診断は全て無料で行います!

0120-988-634

スタッフが親切にご対応します。
お気軽にご相談ください!

無料点検&お見積り 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)
無料点検&お見積り 0120-988-634

営業時間:9:00〜19:00