外壁塗装などで、下塗りと上塗りとの中間に塗りつける層のことを中塗りと言います。 上塗り材の補強や平滑な下地を作ることが目的で、一般的には上塗りと同じ塗料を使用します。 … 上塗りは仕上げであり、見た目と塗料の最終的な持ちを左右する工程です。 耐久性を確保するため、仕上げ塗料は2回塗るのが通例です。

続いて上塗りをしていきます。

#上塗りとは

塗装には下塗り・中塗り・上塗りの3段階があります。
上塗りは塗装の最終段階であり、仕上げの工程といえます。
下塗りではフィーラーやシーラーと呼ばれる下塗り用の塗料を使います。
これに対し、中塗りと上塗りで使うのはどちらも「上塗り材」と呼ばれる塗料です。
中塗りを「1回目の上塗り」、上塗りを「2回目の上塗り」と表現する場合があります。
上塗り作業中
  • #埼玉県で塗装工事、防水工事を検討されている方は
    埼玉県比企郡川島町中山1130-8
    株式会社鯉渕塗装工業
    お見積り、相談質問は無料ですので
    フリーダイヤル0120-988-634
    mail  koibuchitosou@ybb.ne.jp
    までお気軽にご連絡ください。