埼玉の外壁リフォームや塗装のことなら株式会社鯉渕塗装工業にお任せください。丁寧な仕事と数多くのこだわりで施工いたします。

株式会社鯉渕塗装工業

0120-988-634 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

外壁の変色の原因を埼玉の外壁塗装業者が解説します

NO IMAGE

外壁の変色の原因を埼玉の外壁塗装業者が解説します


外壁が変色してくると、「もしかしたら劣化が激しいのかもしれない」、「外壁塗装を行うべきなのだろうか」と不安になる方もいらっしゃると思います。
もし変色を見つけたら、それは外壁が悲鳴を上げているサインだと考えましょう。
今回は「外壁が変色する原因」をご紹介します。
そして、変色による外壁の劣化にも段階があるので、合わせてみていきましょう。

外壁が変色する原因とは?

皆さんがお住みの住宅には、外壁の上に、「塗膜」という塗装の膜があります。
その塗膜が劣化すると、外壁が変色しやすくなります。
実は外壁の変色には大きく分けて「色あせ」と「雨の跡」の2種類あります。
では、「色あせ」と「雨の跡」はそれぞれどのような原因で起こるのか見ていきましょう。

*色あせ

外壁塗装は「顔料」という色をつける塗料と「塗膜」という顔料をコーティングする塗料で構成されています。
塗膜が劣化し、顔料がそのまま表面に出ている状態になると、色あせは起こります。
顔料が雨や風でどんどん流されてしまうためです。
そのため、色あせを防ぐためには、塗膜がはがれてしまう前にしっかりメンテナンスを行うことが大事です。
塗料の寿命は10年程度が目安のため、10年に一度はご自身でチェックするか、業者に点検してもらいましょう。

ちなみに、外壁から白い粉が出てくる「チョーキング現象」も塗膜が劣化したことで、顔料が出てくることで起こる現象です。

*雨の跡

みなさんの外壁には白や黒の線のような跡が付いていますか?
その跡は「雨だれ跡」と呼ばれる雨が通った跡の汚れです。
雨には細かな汚れが含まれています。
雨水が同じ場所を何度も通ることで、その汚れがどんどん溜まっていってしまいます。
窓枠やサッシなどによくみられます。
外壁の色によっては、この雨の跡がより目立ってしまうので、注意しましょう。

軽い汚れの落とし方

外壁が変色する原因の「色あせ」と「雨の跡」は知っていただけましたか?
それでは、そのような変色が見られた際にするべきことをご紹介します。
実は、軽い汚れならご自身でも落とすことができる場合があります。

*家庭用高圧洗浄機を使おう

外壁塗装を行なってまだ日が浅い場合は、ホースで水をかければ落ちることが多いです。
しかし、たまに頑固な汚れもありますよね。
そんな時は高圧洗浄機を使いましょう。
高圧洗浄機は外壁塗装業者が外壁を洗浄するときに使うものです。
洗浄能力がとても高いので、かなり外壁が汚れていても効果がありますよ。

まとめ

今回は「外壁が変色する原因」と「自分で汚れを落とす方法」をご紹介しました。
症状が軽い方は、ご自身で高圧洗浄機を使うことで解決できますよ。
もし、自力では落とせないくらいに汚れてしまっている場合は、業者に相談してみましょう。
外壁をリフレッシュして綺麗な外観を復活させませんか?

ご相談・見積もり・診断は全て無料で行います!

0120-988-634

スタッフが親切にご対応します。
お気軽にご相談ください!

無料点検&お見積り 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)
無料点検&お見積り 0120-988-634

営業時間:9:00〜19:00