埼玉の外壁リフォームや塗装のことなら株式会社鯉渕塗装工業にお任せください。丁寧な仕事と数多くのこだわりで施工いたします。

株式会社鯉渕塗装工業

0120-988-634 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

上尾市現場から

  • 2020.02.11
NO IMAGE

上尾市現場から


弊社では外壁塗装をする前に塗料の付着テストを行います。

テスト方法はクロスカット試験です。

クロスカット試験(碁盤目テープ試験)とは

碁盤目試験法、クロスカット試験法は塗装の重要な品質性能である密着性・付着性を調べる試験です。
テスト方法が簡単で、結果がすぐに得られるのでもっとも広く採用されている塗装の密着性試験です。

尚、JISでは以下のように規定されています。
廃盤となった旧「JIS K5400 塗料一般試験方法」の碁盤目法、碁盤目テープ法、クロスカット(K5400ではX字にカット)は1999年に制定された「JIS K5600 塗料一般試験方法」の4-6に移行し、碁盤目の数が旧碁盤目試験法の100マスから 新しく決められたクロスカット法は「素地まで達する6本の格子状(碁盤目様)の切り込みを入れた」時にできる25マスと試験方法が簡略化されました。

現在 塗装の碁盤目法と言う試験方法はJISにはありません。
クロスカット法としてのみJISで決められているようです。

カットの間隔は1mmと2mmに決められています。
0μm~60μm:硬い素地は1mm間隔、軟らかい素地は2mm間隔
61μm~120μm:硬い、軟らかい素地 2mm間隔
121μm~250μm:硬い、軟らかい素地 3mm間隔    、

とありますが、5㎜くらいの感覚で縦横6列の切り込みを入れて

セロテープでは無く粘着力の強いガムテープで試験します。

分かりずらいですが結果は異状なしです。塗布した下塗り材の剥がれは無しでした。

この試験の行うことにより、使用する塗料と外壁材の」相性が良いということになります。

この試験でテープを剥がしたときに、塗布した塗膜が剥がれてしまうということは

塗装後に塗膜が剥がれ易いということになるので、必ず行う試験です。

その後全体に下塗りを行いました。

今回使用した塗料はSK化研マイルドSDサーフエポプレミアムです

マイルドSDサーフエポプレミアムとは

マイルドSDサーフエポプレミアムは特殊変性エポキシ樹脂をベースとした一液弱溶剤系の微弾性サーフェーサーです。より劣化が進んだサイディング板等に対し、可溶型ポリマーが浸透し、硬化することで優れた補強効果を発揮します。

最近のサイディング(外壁材)は無機塗装や、光触媒塗装などの特殊なコーティングが施されている物があるので

確認できないときは特に注意が必要です。

せっかく塗装してもはがれてしまっては意味がないですからね。

 

埼玉県で塗装工事を検討されている方は
埼玉県比企郡川島町中山1130-8
株式会社鯉渕塗装工業
お見積り、相談質問は無料ですので
フリーダイヤル0120-988-634
mail  koibuchitosou@ybb.ne.jp
までお気軽にご連絡ください。

 

 

ご相談・見積もり・診断は全て無料で行います!

0120-988-634

スタッフが親切にご対応します。
お気軽にご相談ください!

無料点検&お見積り 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)
無料点検&お見積り 0120-988-634

営業時間:9:00〜19:00